レッスン進行表

レッスンの進行に合わせて鼻のケア方法を紹介していきます。

0 無料動画レッスン

以前は有料だった内容を一部無料で公開しています。

入会後、最初のレッスンを受ける前に必ずご覧ください。

また、入会を検討されている方も、判断材料の一つとしてご覧いただけます。

1 実技レッスンへの準備

レッスン1・2

実技トレーニングに入る前に、動画を見ながら理論的な理解を深めます。

論理1 共鳴の方程式共鳴の確認、共鳴と歌の関係
論理2 腹式呼吸の謎本当に歌に役立つ呼吸とは?

レッスン3

ビフォーのレコーディング成長の確認のため、実技指導を受ける前の歌を録音します。

レッスン4

ピアノ1課題曲『月の蝶』のメロディをピアノで弾いていただきます。
共鳴の確認共鳴を確認し、トレーニングの基準を共有します。

2 基礎1

基礎1では主に口周辺にある使われていない筋肉の感覚を覚醒させます。

リップリフト上くちびるをほぐすトレーニングです。
ベロ舌をほぐすトレーニングです。
歯ぐき歯ぐきの感覚を取り戻すトレーニングです。
ティースリフト歯ぐきを動かすトレーニングです。
ほほ~こめかみ顔の側面をほぐすトレーニングです。

3 基礎2

基礎2では主に鼻周辺にある使われていない筋肉の感覚を覚醒させます。

鼻の穴鼻の感覚を取り戻すトレーニングです。
ノーズブレイカー鼻周辺の筋肉を動かすトレーニングです。
クラリティ 3種類の筋肉を使って言葉を作るトレーニングです。
プリノーズブレス 鼻から空気を吐く筋肉を目覚めさせるトレーニングです。
ダミ声共鳴を前方へ押し出すトレーニングです。
ノーズブレス呼気にマイナスの圧力が発生しないようにするトレーニングです。

4 応用

頭式呼吸®に入る前に、先に応用トレーニングを行います。

音楽経験のない方にとっては少し難しい場合もありますが、普段歌う曲中で使えるテクニックばかりですので頑張ってください!

ビブラート世の中の常識とはひと味違ったビブラートです。
タイミング感18ビートに合わせて歌います。
キー上げ女性キーの課題曲を男性は-6→0、女性は0→+6が目標です。
ピアノ2課題曲をピアノで弾きます。声と鍵盤の感覚をすり合わせます。
しゃくり1共鳴を意図的にコントロールする筋力を目覚めさせます。
しゃくり2ここから脳トレ。しゃくりの箇所を考えながら歌います。
しゃくり3しゃくりの箇所+声のキャラクターを考えながら。
タイミング感2ベースに合わせて歌います。
Joyful Joyfulタイミング感とキー上げのまとめ。

5 頭式呼吸®

応用トレーニングお疲れさまでした!

頭式呼吸®はここまで頑張ってきた生徒さんへのご褒美です。

どんどん歌うことが楽になっていきますよ!

おでこおでこに空気を通します。
ほほほほに空気を通します。
歯ぐき歯ぐきに空気を通します。
口から鼻へ口から鼻へ空気を通します。
眉間眉間に空気を通します。
上半身全体線から面へ、そして面を広げていきます。

6 スティールボイス

頭式呼吸®によって呼吸機能を回復していった結果得られる超ハイトーンボイスをスティールボイス™と名付けました。

特別なトレーニング方法があるわけではなく、今まで行ってきたトレーニングの精度を高めつつ、キーの高い曲に挑戦していきます。

ご自身の気が済むレベルまで、どこまでもチャレンジしていってください!

共鳴ボイトレ法®とは  頭式呼吸®とは  Kiss Music 情報ポータルサイト

のるわーるど  ボイトレの真実  K’s Voice Training Gym