ボイトレの真実

【ボイトレの真実】音楽専門学校へ行けばプロのように上手く歌えるようになるのか

みなさん、こんにちは!

K’s Voice Training Gym高松 田村です。

先日、梅田校で教えていた生徒さんが、Youtubeで語ってくれました。

詳しくはこちらをご覧ください。

大阪の音楽専門学校を卒業したものの伸び悩んでいた時に、知人を介してキッスと出会い、その後順調に上達して行ってます。

一般のボイストレーニングはおろか、音楽専門学校ですら指導できないようなことを、共鳴ボイトレ法では指導できてしまっています。

ボイトレ未経験の方や、歌が苦手な方からすると、さぞかし難しい事をやっているのだろうと思うかもしれませんが、実はその逆!

簡単で分かりやすいからこそ、ちゃんと上手くなれるんです!

むしろ、音楽専門学校の方が、わざと小難しい理屈を並べたててちゃんと成長させられていない。

同じ歌を指導する立場として、授業料もらって何やってんの!?と言いたくなります。

上手くするのではなく、上手い人を選り分ける場所

これから音楽を志す方はこの一般のボイストレーニング業界のビジネスモデルに早く気づいてください。

彼らは、下手な人を上手くしてデビューさせようなんて考えていません。

入学した時点でもう勝負はついています。

歌に興味のある若者を広く募って、その中から才能のある人をより分けて、人脈を使ってデビューさせる。

じゃあ下手な人は、、、?

残酷な話ですが、資金源。

だから入れる人は多いけど、ちゃんと職を得て出ていける人は少ないんです。

そして、入学時から才能のあった卒業生をデビューさせて宣伝に使ってまた生徒を広く募る。

こういう構図ですよ!

例えば音楽専門学校を卒業した歌手の方が、『いやー入学した時は全然歌えなかったけど、あの学校の先生の指導のおかげで歌がめっちゃ上手くなってプロになれました!』みたいなこと、聞いたことありますか!?

本当のボイストレーニングとは、下手な人が上手くなる

キッスがやっていることは、全く違います。

いわば才能のない人間を共鳴ボイトレ法®のトレーニングによって才能のある人間に近づけていこう、ということをやっています。

もちろん、生徒さん全員がプロ歌手レベルになるわけではないですが、みなさんちゃんと上手くなっています。

成長しています。

他の楽器や作詞、作曲はどうか分かりませんが、歌に限っては、言い切れます。

音楽専門学校に行ったからといって、憧れのアーティストのように歌えるようになれはしません。

それどころか、歌の実力は何も変わりません!

音楽の理論的な知識はつくかもしれませんが。

なぜそう言いきれるかというと、そのからくりは、キッスが頭式呼吸で既に解き明かしているからです。

キッスで指導しているような取り組みをしない限り、歌の序列は絶対にひっくり返ったりしません!

不可能です!

もう言い訳は通用しない!お互いに!

逆に言うと、本当に歌が上手くなるトレーニング法が出来てしまったため、もう他の教室や専門学校は『あなたには才能がないから』という言い訳は通用しなくなってしまいます。

ボイストレーニングは完全に、メソッドと指導力の時代に突入しましたよ!

これから歌手を目指そうと思っている方、よーく考えて進路を決めてくださいね!

一番オススメなのは、オーディションを受けまくること。

私の師匠の平山先生(元Sony Music音楽プロデューサー)はよく『1回や2回落ちたからってあきらめちゃダメだよ!100回くらいは受けないと!』と言っていました。

もし、この情報を知らずに『入学しちゃったよ!』という方は、ちょっと大変ですが月1万円ほどアルバイトしながら、学校と並行してキッスのレッスンを受けに来てください!

未来ある若者が間違った指導で将来を棒に振らないために、キッスは既存のボイトレ業界と戦っています!

応援、よろしくお願いいたします!

この記事が役に立ったと思われた方は、ぜひ『お気に入り・ブックマーク』への登録をお願いいたします。

SNSでの拡散も大歓迎です。

今後も、みなさんにとってためになる情報を、出来るだけ分かりやすく提供していこうと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

共鳴ボイトレ法®とは  頭式呼吸®とは  K’s Voice Training Gym高松

アイドルボイトレ@高松モンスター  ボイトレの真実  超解説!Kiss Music